足圧療法・整体療法・吸角療法の坂野整体

      | TOP | 足圧治療法とは | 整体療法とは | 吸角療法とは | 姿勢と健康 | Mail | Link | BBS |

∵ 吸角療法とは

「吸角療法」 吸玉療法


西洋・東洋で古来から行なわれてきた民間療法で
副作用がないものとして確固たる歴史と地盤を
持っている漢方医学です。
プラスチック製とガラス製の吸角(吸玉)を真空にして
皮膚に吸い着かせ、溢血(いっけつ)を起こさせ
同時に吸圧による刺激を与え、
血液を浄化することによって体質を改善する療法です。

「吸角法の由来」

古代人がまだ薬物を知らなかった時代に化膿した所に
口をあてて膿を吸い出したり
牛や水牛の角(つの)を用いて体表の局部に
吸いつかせて患部を直しました。
皮膚に小切開を加えて瀉血(しゃけつ)する湿角法(血角法)と
皮膚に切開を加えない乾角法が生まれました。
小切開を加える湿角法は、現在医療行為で
民間療法としては禁止されています。
当院は乾角法を診療に用いています。

「美容業界では、cupping カッピング法」

スライド法(全身にオイルを塗り、
吸引力を弱めにしてカップをスライドさせる。)を
用いてマッサージ効果や脂肪燃焼に役立てています。

世界保健機構(WHO)でも認められた代替療法です。

☆皮膚に及ぼす作用☆

皮膚血管が拡張して血液の循環量が増えて
皮膚温が上がり、新陳代謝が盛んになり、
汗腺や皮脂腺の機能と皮膚呼吸も盛んになります。

☆筋肉に及ぼす作用☆

普通のマッサージ以上に皮下毛細血管の刺激に反応し
血管が拡張し、鬱血(うっけつ)や充血を取り去り、
肩こり等に効果がでます。
(本療法は血液改造・体質改善に効果が認められています。)

*治療は食後や運動直後は
1時間ぐらい空けるといいでしょう。
吸引の跡がつきますが心配ありません。
個人差はありますが3日〜10日程で吸収していきます。
(吸引跡が残っている間は吸引しても効果が半減します。)



腰痛

左肩関節痛

左肘関節痛

診療日・休診日 ご予約についてお問い合わせメール

Copynght 2005 - 2018  足圧療法・整体療法・吸角療法の坂野整体